ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]
コルドロン(The Black Cauldron)
コルドロン(The Black Cauldron)
(1985)
5.5点小学生以上向き
ストーリー5.5
歌・音楽4.5
アニメーションの質6
キャラクターデザイン6
良い点ストーリーが一風変わっているが良くまとまっている。70mmフィルム作品。
悪い点盛り上がりに欠ける。主役がヒーローらしくない。暗い。
総合評価ディズニーと思って見ないこと。
6点ディズニー110番 評価点
[ス:6点、歌:4点、ア:7点、キ:5点]
ストーリー歌・音楽アニメの質キャラクタ投票者数総合評価点
5.54.56625.5
登場人物
ターラン:主人公。予知能力のあるぶたヘン・ウェンの世話係
ガーギ:毛むくじゃらの生き物。一見臆病者だが...
エロウィー姫:城に閉じ込められている姫。不思議な光る玉を操る
ドルベン:ターランの師匠。黒い壷コルドロンやヘン・ウェンの力のことを知っている
ホーンド・キング:闇の魔王。ゾンビ軍団を作るためコルドロンを探している
クリーパー:ホーンド・キングの部下。チビで気味の悪い格好をしている
編集部レビュー
コルドロンは、従来のディズニーアニメの中では異色の作品である。いわゆるディズニー的なカラフルで楽しいものを期待している人には、少々抵抗があるかもしれない。"Lord Of The Ling (邦題の本:指輪物語)" が好きだったひとには、コルドロンはお勧めである。実際、アニメではなくよりまじめな実写版を作るべきだったと言う声も聞かれる。また、ディズニーアニメの中では珍しく、本国アメリカでは「レート PG (保護者監督必要)」に区分されている点も考慮したい。対象年齢は「小学生以上」としたが、話全体がおどろおどろしいので、ちいさな子供向きではまったくない。保護者の方は注意していただきたい。

原作は Lloyd Alexander 作 "The Book of Three" という長編小説である。その昔、神々が黒い三またの壷コルドロンに悪を封じ込め、壷をある場所に隠した。この壷と封じ込められた悪の精神を使って、不死身の兵士を生み出すことができるためである。そして長い年月が経つ。

プライデインという国に、ドルベンという老人と、弟子ターラン少年が住んでいた。ターランはプライデンのために、勇敢な兵士となって戦争で活躍することを夢見ていた(が、実際は豚のヘン・ウェンの世話をするのが仕事だった)。ドルベンがヘン・ウェンを大事にしていたのは、実はヘンには予知能力があり、コルドロンのありかを察知できたからである。ある朝ヘン・ウェンは悪の王ホーンド・キングが自分を捕まえに来ることを察知する。ドルベンは、ターランに、ヘン・ウェンを守って逃げるように命じるのだ。ターランは勇者となって、ホーンド・キングからプライデン国を守れるのか?

長編小説を90分弱のアニメにすると、豚の存在意義など、どうしても随所で無理が出てしまう。(その点、Lord Of The Ling は長々とした3部作映画にして成功している。)また、この系統の話をアニメにすると、恐ろしさや薄気味悪さだけを前面に打ち出せないので、違和感が見え隠れする。テンポのずれたドラゴンクエストでもやっている気分になった。

登場人物像も、わかりやすい完璧なヒーローが悪をかっこよく倒すのではなく、頼りない少年がおっかなびっくり冒険を乗り越えていくといった感じである。これ以上書くとネタバレになるので止めておくが、最終場面くらいは、もう少し主人公ターラン少年に命をかけて戦ってもらいたかった。(話のメッセージが、「普通の少年でもこのくらいの範囲でならがんばれる」ということなら仕方がないが...)

コルドロンは、従来の35mmフィルム用ではなく、特殊な大型スクリーン用の70mmフィルム用に製作された点は、特筆できる。ニューヨークで1985年に行われた「ディズニー・サマー・マジック・フェスティバル」の会場で特別に放映されたものである。約2倍の大きさのセル画や背景画で作られたということになる。(なお、ディズニーアニメでは他にも「眠れる森の美女」や「わんわん物語」などが70mmフィルムで作られている。)

余談だが、東京ディズニーランドのシンデレラ城ミステリーツアーでは、コルドロンの話を演出して、ちびっこに悪を退治させるアトラクションがある。


アマゾンDVDコルドロンアマゾンVHSコルドロン【二ヵ国語版】アマゾンVHSコルドロン【日本語吹替版】アマゾンVHSコルドロン【字幕版】アマゾン・コムアマゾン・コムで「コルドロン」の関連商品を検索

レビューを投稿する
閲覧者レビュー

おまる さん (ス:5点、歌:5点、ア:5点、キ:7点)

良い点:登場する豚がカワイイ。主人公の勇敢な冒険が楽しみの一つとしてある。
悪い点:話が無理矢理な展開であり、わかりにくい。また、ディスニーらしいカラフルな描写も少なく、美しい音楽も少ない。
総合評価:ディズニーランドのシンデレラ城ミステリツアーの前置きとして見るのは良いかもしれないが、何度も子供とともに楽しむという作品ではない。

あなたも「コルドロン」のレビューを投稿しませんか?
おなまえ

メールアドレス(任意)


あなたの評価点

ストーリー
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
歌・音楽
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
アニメの質
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
キャラクタ
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)

良い点 (全角20文字以上)


悪い点 (全角20文字以上)


総合評価 (全角20文字以上)

ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]