ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]
ブラザー・ベア(Brother Bear)
ブラザー・ベア(Brother Bear)
(2003)
7.95点幼児以上向き
ストーリー7.2
歌・音楽8.2
アニメーションの質8.6
キャラクターデザイン7.8
良い点道徳的な物語
悪い点大作感が薄い
総合評価古きディズニーらしいアニメ
8点ディズニー110番 評価点
[ス:8点、歌:7点、ア:9点、キ:7点]
ストーリー歌・音楽アニメの質キャラクタ投票者数総合評価点
7.28.28.67.857.95
登場人物
キナイ:3人兄弟の末っ子
コーダ:小熊。熊になったキナイを慕う
編集部レビュー
2004年3月13日日本封切り。古き良き手書きアニメーションである。音楽はフィル・コリンズが担当している。舞台は古代の北アメリカ。3人の兄弟の末っ子キナイは、長男を熊に殺された怒りから、熊を殺してしまう。それを憂いだ兄の妖精が、キナイ自身を熊の姿に変えてしまうのだった。

アマゾンDVDブラザー・ベアアマゾン・コムアマゾン・コムで「ブラザー・ベア」の関連商品を検索

レビューを投稿する
閲覧者レビュー

カフェモカ さん (ス:8点、歌:8点、ア:9点、キ:9点)

良い点:ストーリーは奥が深いが、小さい子でもわかりやすく表現できてると思う。テーマは愛、あるいは兄弟愛のようだが命や道徳についてのメッセージ性もまた強い。
悪い点:結末は明るくていいのだが、果たしてあれがベストの形かどうかは首を傾げてしまう。
総合評価:このストーリーのテーマはやはり愛であろうが、この愛を伝えるために怒り、憎しみ、復讐そして後悔などの人間の暗い感情を複雑にそしてテンポよく盛り込んでいる。子供に道徳を学ばせるには非常によくできた作品だと思うが、結末だけはあまり好きになれない。明るい結末ではあるが、途中の話が奥深かっただけに、あの結末では若干釣り合いが取れてないかと思う。

pepe さん (ス:6点、歌:8点、ア:7点、キ:9点)

良い点:人間の心理描写が良い。爽やかな結末も悪くはない。
悪い点:巻末のギャグ特集が映画の雰囲気を壊している。また、話が中だるみし、落ちは拍子抜けするようなものなので話をもう一歩ひねってほしかったところ。作画のレベルも近年のもの中では最高とはいえない。
総合評価:途中の心理描写が良かっただけに話をもっと練ってほしかった。

ふくろう40 さん (ス:8点、歌:8点、ア:8点、キ:7点)

良い点:悪い点を見つけづらい…ということはずば抜けて良い点もないということか
こじんまりとまとまっている。
悪い点:あえて言うなら自然とともに暮らしていない現代っ子?!には接点がない。
総合評価:総じて「良いの中」ぐらいの作品、ディズニーの作品の向きがムーランぐらいから変わってきているように感じるのは私だけ?

ゆうち さん (ス:6点、歌:10点、ア:10点、キ:7点)

良い点:歌はさすがフィル・コリンズ。音も声もすばらしい。
CGも浮く事なく自然に溶け込んで、変身シーンはすごく美しいので一見の価値あり。
悪い点:ストーリーがいまいち感動できるところがない。悪者がはっきりせず、ラストがよわい気が。
総合評価:音楽と映像にストーリーが負けている印象。DVDはいらないが、サントラはほしい作品。

あなたも「ブラザー・ベア」のレビューを投稿しませんか?
おなまえ

メールアドレス(任意)


あなたの評価点

ストーリー
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
歌・音楽
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
アニメの質
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
キャラクタ
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)

良い点 (全角20文字以上)


悪い点 (全角20文字以上)


総合評価 (全角20文字以上)

ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]