ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]
ダイナソー(Dinosaur)
ダイナソー(Dinosaur)
(2000)
6.5点小学生以上向き
ストーリー7
歌・音楽5
アニメーションの質8
キャラクターデザイン6
良い点よくできたCGと壮大な実写風景の融合。
悪い点凶暴な映像。
総合評価迫力の中にディズニーらしいメッセージ。
7点ディズニー110番 評価点
[ス:7点、歌:5点、ア:8点、キ:6点]
ストーリー歌・音楽アニメの質キャラクタ投票者数総合評価点
758616.5
登場人物
アラダー:主人公。イグアノドン。たまごのときに、めぐりめぐってキツネザルの巣に行き着く
プリオ:キツネザルのお母さん。たまごがかえるのを見て、アラダーを引き取る
ヤー:キツネザルのお父さん。アラダーが成長して危害を及ぼすのを恐れる
ジーニー:ヤーとプリオの子。黄色毛のサル。もてない
ベイリーン:年老いたメスのブラキオサウルス。大きな体で大陸を歩きつづけるのがきつい
イーマ:少々辛抱の足りないスティラコサウルス。自慢の角は折れてしまっている
ニーラ:メスのイグアノドン。クローンの妹。最初は兄と同じ考えの持ち主だったが、次第にアラダーの考え方を受け入れていく
クローン:メオスのイグアノドン。草食恐竜の群れの長。プライドが高く、強きモノだけが生き残るべきと考えている
ブルートン:オスのイグアノドン。クローンの右腕。勇敢でいさぎよい
カルノタウルス:双角の肉食恐竜。南のほうで生息していたため、北米のほうまで上ってこないと思われていた。
編集部レビュー
コンピュータ・グラフィック・アニメーション(CG)の質の高さを楽しめる作品である。特に恐竜の肌や筋肉の感じが見事である。逆にキツネザルのCGはぬいぐるみを動かしているようで、あまり出来が良くなかった。迫力と壮大さが売りのためか歌はないが、それにもましてよくできた効果音や叫び声に恐れ入る。

ストーリーは、いん石の落下によって住みかを追われた草食恐竜たちが、新たな水場と緑を求めて、焼けただれた広大な大地を旅する話である。その中に、老体や幼い子供たちや仲間をかばい合う愛と友情のメッセージや、希望を捨てないであきらめないといったメッセージが込められている。この辺りがディズニー映画であろう。

登場する主な恐竜たちは、次のとおりである。
イグアノドン:白亜紀前期(1億4300年前〜)にベルギー、北米、中国などで生息
カルノタウルス:白亜紀前期にアルゼンチン辺りで生息。大型肉食恐竜
ブラキオサウルス:ジュラ紀後期(白亜紀の前)にアフリカやアメリカなどで生息。発掘された恐竜のなかで世界最高の12m
スティラコサウルス:白亜紀後期(8000万年前〜)、北米に生息。襟と鼻の角が特徴的
この他にも翼竜プテラノドンなど様々な恐竜が登場する。

おまけの「メーキング」によると、背景の撮影は、オーストラリアやハワイ、ベネズエラなど、世界中で行われたそうである。映画の最初でアラダーのたまごが運ばれていくシーンでは、特にこれらの壮大な自然を楽しむことができて良い。

DVD版では、ゲームや恐竜図鑑といったおまけも含まれていて、さらにお得である。(岩を取り除いて進むゲームは、間違えると最初の分かれ道まで戻ってしまうので、頭に来て途中であきらめた。映画の恐竜たちはあきらめなかったが...)

なお、対象年齢は「小学生以上」としたが、幼稚園の年長の男の子でも、もしかしたら凶暴なシーンに絶えられるかもしれない。保護者の方は、個人差に応じて調整していただきたい。


アマゾンDVDダイナソーアマゾンVHSダイナソー【日本語吹替版】アマゾンVHSダイナソー【二カ国語版】アマゾンVHSダイナソー【字幕版】アマゾン・コムアマゾン・コムで「ダイナソー」の関連商品を検索

レビューを投稿する
閲覧者レビュー

あなたも「ダイナソー」のレビューを投稿しませんか?
おなまえ

メールアドレス(任意)


あなたの評価点

ストーリー
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
歌・音楽
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
アニメの質
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
キャラクタ
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)

良い点 (全角20文字以上)


悪い点 (全角20文字以上)


総合評価 (全角20文字以上)

ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]