ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]
ピートのドラゴン(Pete's Dragon) 日本未発売
ピートのドラゴン(Pete's Dragon)
(1977)
4.75点幼児以上向き
ストーリー6
歌・音楽5
アニメーションの質4
キャラクターデザイン4
良い点良いメッセージと感動の結末。
悪い点酒場のシーンが長く教育上不適。
総合評価メリー・ポピンズ好きにはおすすめ。
5点ディズニー110番 評価点
[ス:6点、歌:5点、ア:4点、キ:4点]
ストーリー歌・音楽アニメの質キャラクタ投票者数総合評価点
654414.75
登場人物
ピート:主人公。孤児の子供。ドラゴンと一緒にいる
エリオット:アニメーションの緑のドラゴン。困った子供を助ける
ノラ:灯台守をして恋人ポールの帰りを待つ女性。ピートを引き取る
ランピー:ノラの父
ターミナス:いんちきやぶ医者。ドラゴンに興味を示す
ゴーガン家:ピートを労働力として購入したとんでもない家族
編集部レビュー
「ピートのドラゴン」は、「メリー・ポピンズ」以来総力を上げて作成したミュージカル映画といわれている。わかりやすい物語と、愉快な歌("Candle On The Water" がアカデミー賞を受賞)とダンスと、映画全体にわたってアニメーションのドラゴンが描かれている点を考慮すると、見る価値のある映画である。日本ではお得なことに「とっておきの物語/ミッキーのジャックと豆の木」でカップリングされている。

孤児のピート少年には、エリオットという名のドラゴンの友人がいる。二人が訪れた村でエリオットは最初いろいろないたずらをして村人を怒らせてしまう。村人に厄介払いされ身寄りの無いピートを灯台守の美しい女性ノラが引き取ってくれる。ピートは新しい友達ノラの役に立ちたいと、ノラの遭難した婚約者ポールを探すようにエリオットに頼む。一方ドラゴンに興味を示したのは、村のやぶ医者ターミナス。お金で解決できないと知ると、ピートの所有権を主張するゴーガン家と組んで、二人を生け捕りにする罠を仕掛ける。ピート達の運命は?そしてノラはポールを取り戻せるのか?

映画では海辺の灯台のシーンがよく使われるが、灯台は実はすべて実物大のセットで、アメリカの海岸警備隊に許可を取って火をつけ撮影した。また、灯台の上部のアップのシーンは、クレーン車から撮影したという力の入れようである

これは余談だが、エレクトリカルパレードで登場する緑色のドラゴンがエリオットである。

メリー・ポピンズが好きな方には、「ベッドノブとほうき」より「ピートのドラゴン」をおすすめする。


アマゾンDVDとっておきの物語/ミッキーのジャックと豆の木アマゾン・コムアマゾン・コムで「ピートのドラゴン」の関連商品を検索

レビューを投稿する
閲覧者レビュー

あなたも「ピートのドラゴン」のレビューを投稿しませんか?
おなまえ

メールアドレス(任意)


あなたの評価点

ストーリー
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
歌・音楽
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
アニメの質
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
キャラクタ
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)

良い点 (全角20文字以上)


悪い点 (全角20文字以上)


総合評価 (全角20文字以上)

ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]