ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]
ポカホンタス(Pocahontas)
ポカホンタス(Pocahontas)
(1995)
8.458333333333332点幼稚園以上向き
ストーリー7.833333333333333
歌・音楽9.666666666666666
アニメーションの質8.166666666666666
キャラクターデザイン8.166666666666666
良い点印象的な歌
悪い点実在の人物の歴史を歪曲した
総合評価インディアンと白人の恋愛フィクションとして観ると楽しい
6点ディズニー110番 評価点
[ス:4点、歌:9点、ア:6点、キ:5点]
ストーリー歌・音楽アニメの質キャラクタ投票者数総合評価点
7.839.668.168.1668.45
登場人物
ポカホンタス:アメリカ大陸に昔から住んでいた部族の酋長の娘。自然と会話が出来る
ジョン・スミス:大陸に侵入してきたイギリスの植民者
ミーコ:タヌキ。ポカホンタスの友人
ラトクリフ:イギリスの植民者たちのリーダー。力で奪い取る性格
編集部レビュー
ネイティブ・アメリカンの間で語り継がれている少女ポカホンタスの話を、白人の立場からかなり歪曲してアレンジしてしまった作品。

アマゾンDVDポカホンタス アマゾンVHSポカホンタス【日本語吹替版】アマゾンVHSポカホンタス【字幕版】アマゾンVHSポカホンタス【二ヵ国語版】アマゾン・コムアマゾン・コムで「ポカホンタス」の関連商品を検索

レビューを投稿する
閲覧者レビュー

なこま さん (ス:9点、歌:10点、ア:10点、キ:10点)

良い点:音楽がもう最高に、泣けるくらい良いです。サントラかなりオススメ!!
悪い点:悪い点を見つけるのは難しいのですが…あえて言うなら○○が死んじゃったこと。
総合評価:ポカホンタスというキャラクターがもう、大好き!!!世間的にあまりヒットしなかったのが残念です。とりあえず見てほしい。何度見てもやっぱり良いから。

ゆかり さん (ス:10点、歌:9点、ア:5点、キ:8点)

良い点:他のディズニー作品とは違って、最終的に二人は離れ離れになってしまうところ。「離れていても心はひとつ」とポカホンタスが別れを決意する場面はとても切なく、感動できます。
悪い点:アニメでは、絵が少し微妙。。大人向けすぎて子供は、あまり良い印象を受けないと思う。
総合評価:アニメでは、絵が少し微妙。。大人向けすぎて子供は、あまり良い印象を受けないと思う。

まゆ さん (ス:9点、歌:10点、ア:10点、キ:10点)

良い点:とにかく音楽がいい!物語にあっていて、これしかない!!ってぐらいの出来でした。それにキャラクターも個性的でとってもよかったです!
悪い点:私は悪い点はあまり感じられませんでした。ディズニー映画の中でも、アリエルやベルとは違った「大人の純粋さ」みたいなものが感じられて、子供受けしなくても全然OK!むしろ大人のために作られた映画じゃないでしょうか?
総合評価:とにかく雄大で、泣けます!これを見た人は、自然を大切にしようって感じると思いますよ。それと、好きな人に会いたくなりますね!一度といわず、二度も三度も見たくなる、とってもいい作品です!!

SHIBA さん (ス:9点、歌:10点、ア:10点、キ:9点)

良い点:映像、音楽が素晴らしかったこと。
何度観ても飽きないところ。
ポカホンタスが歌うシーンは力強くてジーンときちゃいました。
悪い点:子供向けにいつも作ってるディズニー作品の中でも、少し現実的に作られたせいか、あまり受けが良くないこと。
総合評価:何度見ても泣けます。
音楽がよけいに感情を高ぶらせてしまいます。
実話のほうも調べたのですが、本当にポカホンタスは波乱な日々を送っていたんだなあと思いました。

ドラっち さん (ス:6点、歌:10点、ア:8点、キ:7点)

良い点:歌がすばらしく、とても印象的です。ディズニーらしく、自然の大切さを教えてくれます。
悪い点:最終的に二人が離ればなれになってしまう点。
総合評価:歌がとてもすばらしく、印象的です。
ミーコなどかわいいキャラクターが出演します。
見ても損はしません。

あなたも「ポカホンタス」のレビューを投稿しませんか?
おなまえ

メールアドレス(任意)


あなたの評価点

ストーリー
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
歌・音楽
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
アニメの質
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)
キャラクタ
(良い)10点9点8点7点6点5点4点3点2点1点 (悪い)

良い点 (全角20文字以上)


悪い点 (全角20文字以上)


総合評価 (全角20文字以上)

ナビゲーションボタン [前のページに戻る] [ホームに戻る]